Zinc phosphate treatment

ようこそリン酸亜鉛処理製品 のページへ 私達は長年リン酸亜鉛の建築物を造ってまいりました。

What is zinc phosphate treatment

リン酸塩皮膜処理とは、リン酸塩の溶液を使用し、金属の表面に化学的にリン酸塩皮膜を生成させる化成処理のことを言います。この被膜が実はかなりの実用性があり、建築の現場で多く利用されています。一つは塗装下地としての被膜。このリン酸被膜が安定被膜となり、塗料の密着性能が、格段に上がります。そして次が、すべり耐力耐性としての被膜。高力ボルトなどの摩擦接合において、十分なすべり耐力を得ることが出来ます。そして、最後が建築意匠としてのリン酸被膜です。溶融亜鉛メッキ処理の上から、この処理を施すことによって、溶融亜鉛メッキの独特のギラギラした光沢がなくなり、ランダムな菱形結晶模様が一段と強調され、光沢のある今までのメッキの表情からまた違った表情が現れ出ます。

Next

about us

私達は長年この東大阪の地で、数多くのリン酸亜鉛処理の製品に携わって来ました。私達の会社は、設計に至る前段階の打ち合わせから、設計、製作そして最後の現場施工まで、一貫して私たちの手で行います。この経験を活かし、皆様のお手伝いが出来ればと思っております

Next

My Work

私達はこれまでに数多くの製品を製作させて頂きました。これはほんの一例です。

詳しくはこちらへ

tandem link

contact

 株式会社 タンデム 

http://www.tan-dem.co.jp

大阪府東大阪市横小路町4-3-27.

tel:272-986-1880 fax:072-987-6938